パドレとは?
   『PADRE』とはスペイン語で「お父さん」の意味です。
   八尾南山本JSCに在籍している子供のお父さんが、子供の在籍する学年を超えて  
   八尾南山本JSC運営業務をサポートする組織です。

活動理念
   【蹴愛一生】(しゅうあいいっしょう)
   サッカーをこよなく愛し、子供を愛し、家庭を愛し、南山本JSCを愛し、
   サッカーを通じて多くを学び、子供と共に成長しつづけることを目指しています。

主な活動内容
   ・運営サポート業務:   八尾南山本JSC主催イベントのサポート  
                    審判のサポート
   ・社会人サッカー交流: 市民大会等のゲームへの参加
                   子供との交流イベント等の主催

『パドレ』 5つの "良い"
   @"良い"汗をかく
     子供たちの練習の横でサッカーの練習をしています。日頃の運動不足解消バッチリ。
   A"良い"プレーをする
     大半が未経験者の私達ですが、経験者の方をコーチ役に日々進化。
   B"良い"父親になる
     自分でやってこそわかる、子供の努力や光るプレー。子供の一番の理解者に。
   C"良い"サポーターに変身
     南山本JSC主催の大会などをお手伝い。会場設営や審判でバックアップ。
   D"良い"仲間を作る
     20歳近く離れた「パパさん軍団」。同じ悩みや感動を共有。”飲(ノ)ミニケーション”
     練習日はHPに記載。フットサルやゲームで対外試合も企画。
     とにかく楽しいですよ。

『パドレ流サポートの極意〜試合編』
   @挨拶をする。
     挨拶を積極的に行うチームは、選手に限らず指導者や保護者に至るまで挨拶を元気よくする。
     親が率先して挨拶することで子供たちの手本となり、活気ある強いチームとなる。
   A選手・指導者と保護者との「距離」を確保する。
     応援は積極的に行うなかで、その「距離」をしっかりとる。
     子供たちの意思決定やプレーの選択に影響しないよう(=自分で考えることができるよう)にする。
     (応援は結果として指示・コーチングになるケースもあり意思決定やプレーの選択に影響する)
   B選手の自主性を尊重する(世話を行わない)。
     出来るだけ子供自身で考え、行動し、工夫するスタイルを「試合」という実践の場で
     身につくように。