お問い合わせ

ようこそ南山本PADREのホームページへ

縁ブレム

■ロゴ
 上にある「矢」は八尾を表しています。
 八尾の名前の由来と言われる逸話のなかで昔、この地に物部氏の軍事集団であった
 矢作部、弓削部があり弓矢を作っていました。
 弓を背負うことを「矢負い」と言いそこから「八尾」の名前がついたと言われています。

■イラスト
 サッカーをしている父と子です。
 我々パドレは子供達と共にあるチームです。
 子供達の成長をサポートし、また我々も成長していこうという姿を表しています。

■カラー
 オレンジ(中の色)・ホワイト・ブラック(縁取り)パドレのチームカラーです。
 オレンジは太陽、熱くまた子供たちの太陽であろうという意味です。
 グリーンはフィールド(ピッチ)また大地を意味し地域に根ざした活動を意味します。
 ブルーは大空、子供たちの無限に広がる可能性を意味します。
 又、同じ大空の下何処にいようとサッカーをしようという想いも込められています。
 ゴールドは光輝く子供の未来、また父もそうあろうという想いを込めました。

■EST2006
 2006年創設(設立)を意味します。


エンブレムをクリックすると「縁」ブレムが出来るまでの過程がご覧になれます。



ページのトップへ戻る